イベント来場者へのアドバイス集(デザフェス、コミティア、手作り市など)

先日は「イベント出展者へのアドバイス集」という記事を執筆致しました。

今回は逆に来場者の方々へ向けてのアドバイスをまとめます。

行楽シーズン、春!楽しいアートイベントも盛りだくさんです。

デザフェスやコミティア、手作り市の会場での

  • 「どういうことに気をつければいいの?」
  • 「こんなときどうしたらいいの?」
  • 「初めて行くので勝手がわからない

などなどの疑問に答えます!

主にデザインフェスタに沿ってご紹介していきます。
その他のイベントでも共通する部分も多いかと思いますので、
ぜひぜひご参考にしてください。

【来場者へのアドバイス①前売り券を買っておこう】

引用元:https://twitter.com/designfesta/status/850587318024937472

何千、何万という人数が訪れるイベント会場。
入場券が必要な場合、その購入のために長蛇の列に並ぶこともあります。

前売り券が購入できる場合は
事前に購入しておくことを強くオススメします。

デザインフェスタの場合、お値段的にもお安くGETできますよ!

参考:デザインフェスタ 開催情報 チケット情報

【来場者へのアドバイス②現金を充分に用意しよう】

会場では現金での会計が基本です。

お目当ての大好きな作家さんの作品や、偶然巡り合った素敵な作品を
購入するチャンスを逃さぬよう、
充分なお札と小銭を用意しておくと良いです。

特に、個人で出展している出展者さんの場合、小銭を切らしてしまうこともしばしば。

来場者の皆さんが、細かい現金を用意して、
できるだけお釣りの必要が無いようにすると喜ばれます。

【来場者へのアドバイス③差し入れを用意するときの注意】

お目当ての作家さんが決まっている場合、差し入れを考える方もいるかと思います。

作家さん側にとっても、気遣いをしてもらったり、
差し入れをもらうことはとても嬉しいことです。

基本的にそれほど悩む必要は無いかと思いますが、
心配な方は以下を参考にするといいかと思います。

  • かさばりにくいもの
    (出展者はもともと大荷物の方が多いです)
  • 日持ちするもの
    (生ものはトラブルの可能性も。涼しい季節でも避けると◎)
  • その場で飲みきれる・食べきれる軽いもの
    (お茶や、ちょっとしたお菓子も喜ばれます)

【来場者へのアドバイス④戦利品バッグを用意しよう】

引用元:https://minne.com/items/6065986

展示やパフォーマンスを楽しむだけでなく、
作品を購入できるブースも数多く出展しているのが
デザインフェスタの魅力です。
(とくにコミティアや手作り市などは販売がメイン!)

素敵な作品に巡り合った時、それを大事に持ち帰れるよう
リュックなどの収納力のあるバッグを持っていくか、
トートバッグなどのサブバッグを用意していくのがオススメです。

また、名刺やフリーペーパーなどを配布しているブースも多いので、
クリアファイル等も持っていくとさらに◎。

ちなみに、トートバッグもクリアファイルも
会場で販売されているグッズとして定番なので、現地調達、という手もあります。

【来場者へのアドバイス⑤写真を撮る際には許可を取ろう】

アーティスト、クリエイターの皆さんがこだわって仕上げた展示ブースは
思わず写真に残したくなってしまいますね。

ここで注意ですが、マナーとして
撮影の前に一言そのブースの人に許可を取るようにしましょう。

スマートフォンで気軽に写真を撮れる今ですが、

  • 「撮影はご遠慮ください」
  • 「ブースだけならいいですよ」
  • 「顔も写していいですよ」
  • 「一緒に並んで撮りましょう」
  • SNSに上げなければ撮っていいですよ」

などなど、出展者の方によって様々ですので
「一言確認」は必須だと思っていた方が良いでしょう。

また、最近では「写真撮影OK」「SNSアップご自由にどうぞ」
などの表示をしているブースも見かけます。
「むしろお願いします!」という気持ちで掲げている場合も多いかと思いますので、
そういったブースでは撮影も楽しむといいですね。

また、デジカメや一眼ミラーレスを会場に持っていく方もいるかと思います。
スマートフォンとはまた違い、細部まで記録に残ることになるので

「これで撮ってもいいですか?」と確認すると、よりお互いにハッピーですね。
(さらに突っ込むと、会場は通路が広くなく、混み合っていることが予想されます。
被写体までの距離が必要な望遠レンズなどは避けましょう)

【来場者へのアドバイス⑥気になったブースのNo.をチェックしよう】

  • 「このブース気になる!あとでまた来よう」
  • 「混んでるから午後に戻って来よう」

回っているうちに、こうなることも少なくないはず!
しかしながら広い会場、所狭しと並んだたくさんのブース

一度行った場所に戻るのは想像以上に難しいものです。

迷わないために、ブースNo.をチェック&メモしたり、
名刺やフリーペーパーなどの資料をもらっておくと良いです。

 

いかがでしたでしょうか。
ほかに疑問点・不明点などあれば、イベントの運営者さんや作家さんに事前に確認してみるのもいいですね。

 

ぜひいろいろなアートイベントに足を運んで、
作品にじかに触れる&作家さんと交流する機会を楽しんでください♪

そしていつか自分で出展する夢を持つのも素敵ですね…!

 

関連記事:「イベント出展者へのアドバイス集」

この記事を書いた人

Canvath(キャンバス)で一緒にメディアを作りませんか?

Canvath(キャンバス)を通して、オリジナルグッズの新たなメディア作りに興味のある方を探しています!
Canvathのミッションに共感してくれる方、メディア作りに興味のある方、絶賛募集中です!
一緒にCanvath(キャンバス)を盛り上げましょう!