「新世代のデザイン」と謳われた新機種!Galaxy S8/S8+の情報チェック!

日本での発売が待ち遠しいGalaxyの新機種 Galaxy S8/S8+。

みなさんが注目しているのは、側面まで回り込むようなディスプレイとベゼルがないデザインですよね。

スマホケースを販売しているネットショップオーナーなら、スマホ自体のスペックは知っておきたいところ。

なぜなら、構造を知っていればお問合せがあってもスムーズに対応可能に。

それでは気になるGalaxy S8/S8+の現時点で分かっている情報をお届けいたします!

 

ディスプレイ

<Galaxy S8 デザイン>

Sumsung(サムスン)が『Infinity Display』と呼んでいる通り、表面がほぼ全部ディスプレイとなっています。

側面もディスプレイが回り込むようになっていますね。

Galaxy S8はGalaxy S7edgeよりも横幅は小さくなったのに画面は大きくなりました。

手に収まりやすいサイズにして画面は大きくなったのは驚く進化ですね。

iPhoneのようにホームボタンが見当たりません。

S8/S8+は、ホームボタンは画面の下に埋め込んでいるというデザインです。

こんな大画面で見る動画は一味違って見えるでしょうね。

 

<Samsung Galaxy S8 and S8+: Official Introduction>

 

まるで風景をそのまま手にしているみたい。

カラー展開ですが、サムスンの日本公式ホームページ上では5色が公開されています。

 

左から、

・ミッドナイトブラック

・オーキッドグレイ

・コーラルブルー

・アークティックシルバー

・メイプルゴールド

となります。

気になる色はありましたか?

 

スペック

<Galaxy S8/S8+スペック表>

メモリ容量は4GB。

基本のストレージは64GB。

MicroSDに対応しているので容量を拡張できます。

Canvathの手帳型スマホケースでしたら、

Galaxy s8は、Mサイズ(縦150mm × 横80mm)で対応可能です。

Galaxy s8+は、Lサイズ(縦165mm × 横85mm)で対応可能に。

参照 : 【対応機種・素材・サイズ】

 

パフォーマンス

<防水・防塵加工>

Galaxy S8とGalaxy S8+は防水・防塵機能が搭載されています。

なんと、1.5mの水深で約30分間の耐水性があるとのこと。

突然の雨にも、あやふたしなくて安心ですね。

 

<プロモード : Galaxy S8またはS8+で撮影されたもの>

カメラ機能の一つ、プロモードにすると、ISO、シャッタースピード、露出、色調、マニュアルフォーカス、ホワイトバランスの6つの設定を自分好みに調整できるオプションがあります。

この画像は、Galaxy S8またはGalaxy S8+で撮影されたものです。

暗いなか、キレイに撮れていますね!

 

セキュリティ

<顔認証システム>

他人からの覗き見を防止できる、顔認証システムと、人の目の虹彩を読み取る虹彩認証システムを搭載しています。

虹彩認識の認識力は、眼鏡やコンタクトレンズをしていてもほとんど落ちないと言われています。

スパイ映画の世界みたいな端末が手に入ります。

 

Bixby

<Bixby>

音声人口知能(AI)システム『Bixby』が搭載されるみたいです。

カメラを起動するか画像を使うと、すぐに検索結果を教えてくれる機能。

「あの椅子かわいいなぁ、どこで買えるのかな?」

と椅子を撮影すれば購入できる場所を教えてくれる検索機能です。

<Bixby>

もうネットであちこち探し回らなくてもいい時代がくるんですね。

すごすぎる。

AppleのSiriみたいな音声認識システムは英語(US)、スペイン語(US)、韓国語に対応予定みたいです。

日本語に対応していないのは残念ですね。。

Galaxy S8/S8+はいかがでしたか?

この未来的な端末に合うデザインを考えるのも良いかと思います。

Canvathでのスマホケース対応予定はまだ未定となりますが、対応可能になりましたらメルマガやブログなどでお知らせいたします。

この記事を書いた人

Canvath(キャンバス)で一緒にメディアを作りませんか?

Canvath(キャンバス)を通して、オリジナルグッズの新たなメディア作りに興味のある方を探しています!
Canvathのミッションに共感してくれる方、メディア作りに興味のある方、絶賛募集中です!
一緒にCanvath(キャンバス)を盛り上げましょう!