【インタビュー】『遊びの積み重ね』『遊びの欠片』、プロライダーが表現するオリジナルスマホケース

%e3%80%90wood%e3%80%9101_the_camp_%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9___%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%83

一ヶ月で250個を売り上げる『遊びの欠片』が詰まったオシャレスマホケース

今回のユーザーインタビューは、BMXのフラットランドという競技でプロライダーとしても活動していた『BLUEWHITE』さんです。

世界も周り、アパレル業界にも携わられていた『BLUEWHITE』さんの作るスマホケースは、

『遊びの積み重ね』のコンセプトがピッタリの圧倒的にお洒落なデザインです。


心掛けているのは『かわいい!』ではなく『なにこれ。かわいい。。』

Q、まず、自己紹介をお願いします。

BMXのフラットランドという競技でプロライダーとして活動していた為、リアルストリートや世界を回って得たアイデア『遊びの欠片』をBLUEWHITEで繋げて表現しています。

yosuke_sakuma%e3%81%95%e3%82%93__skmsoleil__%e2%80%a2_instagram%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%81%a8%e5%8b%95%e7%94%bb-copy

 

商品は、スマホケース・手帳型スマホケース・ウッドケース・モバイルバッテリー・Tシャツ・ポーチを取り扱い、minneをメインにcreemaBLUEWHITEのサイトで販売しています。

06_the_camp_%e3%80%90%e6%89%8b%e5%b8%b3%e5%9e%8b%e3%80%91%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9___%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%9e

ターゲットに合わせたSNS活用

Q、お客様はどんなきっかけで、ご自身の商品を手に取られたのでしょうか?

ブランドを立ち上げてすぐに運良くアトレ吉祥寺店内のセレクトショップでの催事で扱って頂けたんです。

ただ、この頃は、自分が製作したもので名も知らない誰かが笑顔になってくれるのであれば、それだけで十分。と考えていたので、原価率とか無視した金額設定でした。笑

シルクスクリーンでイラストを刷ったギフトボックスにスマホケースを入れて、とても安く販売していたんです。

続けたいならちゃんとやろうと思い至り、卸にも対応できる金額設定にして、商品がより素敵に見えるよう写真の撮り方を工夫しました。

そうしたらminneでピックアップして頂きBLUEWHITEを知って頂く機会が増えました。
bluewhite%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab___%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%9e%e3%83%bc

Q、現在もminneからご購入される方が多いですか?

そうですね、5割がminne、3割がcreema、残り2割の方はBLUEWHITEのサイトからご購入いただいてます。

minneで知っていただいた他には、『FUDGE』という雑誌で掲載していただきました。

SNSでは、instagramに一番力を入れています。

ユニセックスのデザインですが、購入者は10代後半~30代前半の女性が多いです。

ターゲットとしている世代は、インスタで情報を仕入れて実際に購入をしている人が多いからです。

自身はまだまだ活用できていないので、本格的に取り組みたいと思います。

bluewhite%e3%81%95%e3%82%93__bluebluewhitewhite__%e2%80%a2_instagram%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%81%a8%e5%8b%95%e7%94%bb-copy

(フォローしていただけると、嬉しいです♡)instagram:bluebluewhitewhite

facebook%e3%83%bbinstagram%e3%83%bbtwitter%e3%80%82%e7%9b%ae%e7%9a%84%e3%81%ab%e5%bf%9c%e3%81%97%e3%82%99%e3%81%9fsns%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%b3%e6%99%82%e3%81%ae

(引用:SOCIAL MEDIA LAB)

既に、ファンが作れているようであれば、作品をオシャレに魅せる広告としては、SNSの中では最も良いツール既存に対しての関係性強化でInstgramは適していますね。

Q、商品をデザインする際に意識しているポイントをお答え下さい。

綺麗にまとめすぎないようにしています。

心掛けているのは『かわいい!』ではなく『なにこれ。かわいい。。』です。

スマホは毎日持ち歩くものだからファッションの一部だと思っています。

ケースで普段のファッションに抜け感を出したいなと考えながらデザインしています。

sk8_yeti%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9___%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88_minne

(SK8 YETI スマホケース)

Q、商品数や色の展開はどのようにしていますか?

現在、イラストのデザイン数としては7種類です。

資材を変えたり、色をスマホケースにより何色か展開して販売しています。

デザインには時間をかけ、こだわって納得したもののみ商品にしています。
%e3%80%90wood%e3%80%9101_the_camp_%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9___%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%83

(【Wood】01 The CAMP スマホケース)

一番時間をかけたデザインした商品が、【The CAMP】の スマホケース。

8か月かかりましたが、良い作品になりました。

Q、1番人気の商品を教えてください。

スマホケースで手帳型スマホケースが1番売れます。

その中でも、手帳型スマホケースの【サーカス スマホケース】です。

%e3%80%90%e6%89%8b%e5%b8%b3%e5%9e%8b%e3%80%91%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9___%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a1

(【手帳型】サーカス スマホケース)

大道芸人の必須アイテムをかき集めた「サーカス」は、自分が一番初めにデザインした作品です。
初めての作品は、思い入れがあったサーカスに関わるデザインで、と考えていました。
私は、16歳からBMX(競技用自転車)を始め、20代で国内・海外の公演を回るうちに、世界最高峰のエンターテイメント「シルクドソレイユ」を目指すようになり、オーディションに合格。
エンターテイメントを通じて『人を喜ばせたい』『人を笑顔にさせたい』『人に感動してもらいたい』と、いつも思って活動してきました。
その世界を離れて次は何をしようと考えたときに、同じ思いを持って取り組めるのは「ものづくり」でした。なので、このオリジナルグッズは自分にとっても特別な存在です。
その他のオリジナルグッズ『キャンプ』、『イエティ』も、シルクドソレイユの一員として海外をまわっていた頃に経験したことを生かしています。

自分の物作りのきっかけになった『サーカス』が1番人気の商品にもなり、とても嬉しいですね。

sk8_yeti_%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a_%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a5___%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%9e

Q、そんな素敵なデザインを生み出す中で、お客様との素敵なエピソードがあれば教えてください。

ご購入して頂いた商品の発送先が病室だったんです。

女性だったのですが、minneでTシャツを1枚購入して頂きました。商品の発送と同時にメッセージを送りました。

「これを着て早く元気になってください。もしくは、早く元気になってたくさん着てください」と、当時展開していた全てのデザインのTシャツ3枚を送りました。

女性から「まだまだ入院生活は続きそうですが、なんとか頑張れそうです。ありがとうございます」とメッセージを頂いた時は泣きそうになりました。

minneの自己紹介欄にもありますが、コンセプトをしっかり再現していますね!

素敵なエピソードありがとうございます。

——————————————————————————————-

コンセプトは「遊びの積み重ね」
日々纏う服や小物を心から楽しんで選ぶことができたらどうなるか。
何かが生まれるかもしれない。
遠くの国の誰かと繋がるかもしれない。

笑顔を繋げていけば、きっと世界は変わる。

——————————————————————————————-

Q、今後の商品展開について、どんなアイデアを考えていますか?

アパレルの企業に勤めていたこともあり、今後はやはりウェアの方に力を入れていきたいと考えています。

人に喜んでもらえる事が何よりも幸せを感じるので、BMXでのパフォーマンスを絡めたブランドPRをしていきたいと思っています。

よかったら、BLUEWHITEのCMをご覧いただきたいです。

ブランドPRも兼ねてですが、これから何かを始めたい人の背中を押してあげることが出来たら良いなと思い製作しました。

ボリューム高めでご覧ください。

https://vimeo.com/115472292

%e3%83%aa%e3%82%bd%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%81%e3%80%90%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ab%e3%80%91bluewhite_x_amijed___%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%88

BLUEWHITE × Amijed リゾートポーチ

スマホケースがメインのオリジナルグッズですが、アパレルの経験を生かしたグッズの取り扱いを増やしていきたいと考えています。

写真は数年前に、アクセサリーブランド【Amijed】とコラボして製作したポーチです。

BLUEWHITEでおなじみのサーカス柄オリジナルファブリックを使用。

裏地はAmijedのネームが入り、そして、高級感のあるAmijedロゴプレートが正面に入れています。

このポーチのコラボと同じようにコラボの製作も考えています。

Q、これから作品をネットショップで販売する方へ向けてのアドバイス・メッセージをお願い致します。

最初の一歩は腰が重いと思いますが、深く考えずまずは1点、流行や周りの意見など気にせず自分の好きなように作ってみるのが良いと思います。

楽しまなくちゃもったいないですし、作ってみて初めて反省もできます。

1個作っちゃえば後は早いです。

あーすれば良かった、色味はこーすれば良かったとかアイデアがどんどん湧いてくるはずです。

何も始めてない頃より、きっと素敵なアイデアが生まれるはずです。

%e3%80%90%e5%a4%a9%e7%84%b6%e6%9c%a8%e3%80%91%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%82%b9_%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9___%e3%83%8f%e3%83%b3

(【天然木】ホワイトサーカス スマホケース)

それに、Canvathを使ってみるのはすごく良いと思いますよ。

Canvathで製作する以前に、5社ほどでスマホケースを製作したのですがケース自体のクオリティ、プリントの仕上がりやコストに納得できませんでした。

私は、色々とハシゴした結果やっと出会えました。

イラストの繊細な線まで綺麗に再現し、尚且つ客先直送のサービス。jpgやpngで入稿できるお手軽さはもはや無敵だと思います。

ロット数も気にする必要なく、まずデザインを1つずつ作ってみるといいかもしれません。


minne:BLWH’S GALLERY

creema:BLUE WHITE

BLUE WHITEサイト:BLUE WHITE

 

『BLUEWHITE』さんインタビューありがとうございました。

『Canvath(キャンバス)』はもっともっとハンドメイド作家さんを応援していきたいと思っています!

これからも様々なテイストのオリジナルグッズを取り上げてまいりますのでお楽しみに。

 

 

 

この記事を書いた人

Canvath(キャンバス)で一緒にメディアを作りませんか?

Canvath(キャンバス)を通して、オリジナルグッズの新たなメディア作りに興味のある方を探しています!
Canvathのミッションに共感してくれる方、メディア作りに興味のある方、絶賛募集中です!
一緒にCanvath(キャンバス)を盛り上げましょう!