オリジナルスマホケース作成を始めて月100個の売上!Chiaki氏【ユーザーインタビュー】

chiaki5121_3

オリジナルスマホケース販売開始からわずか1ヶ月。100個以上を売り上げる人気フォトグラファーに聞いたオリジナルグッズ作成の秘訣とは?

今回のユーザーインタビューは、ハンドメイドマーケットプレイスのminne(ミンネ)Creema(クリーマ)iichi(イイチ)でオリジナルグッズを販売されている、フォトグラファーのChiakiさんです。

Canvath(キャンバス)』を知ったきっかけや、オリジナルグッズを販売するポイントなど、ネットショップオーナーならではの話をたくさんお伺いしました!

———————————————————————-

オリジナルスマホケース作成のきっかけ「自分で作ってしまおう」

Q.まずはじめに、自己紹介をお願い致します。ご経歴や、現在はどのようなご職業に関してお伺いできれば幸いです。

A.フォトグラファーをしている、Chiaki(豊住千明)と申します。

大学在学中に写真の楽しさに目覚めました。

もともと人物撮影が大好きだったこともあり、学生時代からずっと人を中心に撮影活動を行っていました。

その後、より写真を勉強したいと思い立ち、地元の福岡県にてフォトスクールに通いました。

大学卒業後はフォトスクールで学んだことを生かし、子供写真館に就職しました。

そして昨年の夏、子供写真館を退職し、フリーのフォトグラファーとしてデビューしました。

chiaki5121_05

現在は、フリーのフォトグラファーとして、プロフィール写真の撮影や、ご家族の記念日の撮影などを日々行いながら、得意の写真を生かしたオリジナルスマホケースを作成、販売しています。

「あなたに撮影して欲しい!」お声がけから始まった、フリーのフォトグラファーへの転身

chiaki5121_04

Q.フリーのフォトグラファーへ転身される経緯やきっかけがあれば、教えてください。
A.自分の撮影技術をもっと高めたい、という思いがあった傍、「今のあなたに撮影して欲しい!」と仕事を依頼してくださる方がいらっしゃいました。

子供写真館を退職後、お声がけいただきながら仕事をさせていただき、ありがたいことに、自然な流れでフリーのフォトグラファーへ転身しました。

Canvathを知ったのは、友人のおすすめ

Q.オリジナルグッズを作ろうとしたきっかけはなんですか?

A.自分が思い浮かぶようなイメージのオリジナルスマホケースが見つからず探し回った結果、もともと海外をバックパックで回り歩くのが大好きだったので、風景や花などの趣味としての写真が、自然と素材として溜まっていたのもあり、「自分で作ってしまおうかな」と思い始めていました。

chiaki5121_06 

「この素敵な景色たちを一人で大切にするのは勿体ない!何か形にできないかなぁ」とぼんやりと思っていた矢先、友人のアーティスト、MAYUCHAPAWONICAさんが作成しているオリジナルスマホケースに出会いました。

それは、MAYUCHAPAWONICAさんご自身のオリジナルイラストを活用した、とても可愛いオリジナルスマホケースでした。

すぐに気に入ってしまい、購入しました!

どこで作ったのか尋ねると、Canvath(キャンバス)という1個からオリジナルグッズを発注できるWEBサービスがあることを教えていただきました。

これがCanvath(キャンバス)を知ったきっかけですね。

その際、友人のMAYUCHAPAWONICAさんに「ちーちゃん(Chiakiさん)も作ってみなよ!」と背中を押してもらい、今年の1月に、試しでオリジナルスマホケースを作成してみることにしたんです!

オリジナルスマホケースを販売し始めて一ヶ月間で、100個以上の注文が!

Q.Canvath(キャンバス)で月にどれくらい発注されていますか?

A.主にスマホケースを取り扱っているのですが、本格的にショップを開いたのが今年の2月からです。

始めて一ヶ月間で、で100個以上のご注文をいただき驚きました。

宣伝をほとんどしていなくても、見ていてくれる人ってこんなにいるんだ!と・・・。

3月も100個以上のご注文をいただきました。

日によってかなりばらつきがあるのですが、今は毎日2〜8個ほどご購入いただいております。

Q.自分のショップを開いたきっかけを教えてください。

A.もともとハンドメイドの可愛いものが大好きで、minne(ミンネ)ではよく買い物をさせてもらっていたので、販売を始めたのは自然な流れでした。
現在はminne(ミンネ)Creema(クリーマ)iichi(イイチ)にて販売を行っております。
今後はヴィレッジヴァンガードのネットショップでも取り扱いをしていただく予定です。

現在はminne(ミンネ)Creema(クリーマ)さん、iichi(イイチ)さんにて販売を行っております。

オリジナルスマホケースが売れる秘密!学生から70代の女性まで、幅広いターゲット層

Q.オリジナルグッズを購入されているのは、どんなお客様ですか?

A.学生さんから70代の女性まで、かなり幅広い年齢の方にご購入いただいております。

特に10〜20代のお客様のご購入率が高く、中でも、あじさいやPink Garden、flowerなどお花がデザインの、可愛らしいデザインや、カラフルなオリジナルグッズがよく売れています。

chiaki5121_01

30代以降の方ですと、海や空がデザインの少し落ち着いているデザイン、初めてのスマートフォンケースに選んでくださる50代以降の方には、優しい雰囲気の海の写真を使用したデザインが人気です。

chiaki5121_07写真を活用することで、女性に人気な可愛らしい雰囲気のオリジナルグッズや大人っぽいデザインはもちろん、男性の方でも目にとめていただけるような幅広いデザインを提供できていると思っています。

オリジナルグッズをCreema(クリーマ)で頻繁に出品!特集にピックアップされ購買者が増加◎

Q.購入者を増やすために、どんな工夫をしていますか?

A.たくさんの方に喜んでもらえるように、なるべく幅広いデザインのものを取り扱うようにしております。

また、あるようでなかなかないような色味・デザインに拘っています。

SNSでの宣伝は現在ほぼしていませんが、新作をどんどん作成しCreema(クリーマ)に出品しているため、Creema(クリーマ)などで特集にピックアップしていただくことが何度かありました。

特集にピックアップしていただくことで、ご購入数が増えているように感じます。

chiaki5121_02また、お客様の対応をなるべくスピーディーに、丁寧にできるように心がけています。

「自分用の次にプレゼントを買う」とおっしゃってくださるお客様もおり、1度目の購入から、リピートしてくださるお客様も増えているように感じています!

Q.ショップ運営で難しいことは具体的にどんなことだと感じていますか?

A.気に入っている写真がたくさんあるので、グッズを増やしていきたいのですが、フォトグラファーの仕事もあるため、思うように新作をアップできない時もあります。

創作意欲はかなり湧くのですが、時間のかけ方のバランスが難しいですね。

両立することへの、もどかしさを感じる時もありますが、絵の具のように発色の良い色を見るとワクワクする!というくらい色が好きなので、オリジナルのイラストを使用したオリジナルグッズもどんどん増やしていけたらな、と思っています。

Canvath(キャンバス)の魅力「在庫リスクがない」「海外でもWi-Fiさえあればオリジナルグッズが作れる」

Q.Canvath(キャンバス)の魅力や気に入っているところがあれば聞かせてください。

A.WEB上で発注があってから生産をするのでやはり、在庫のリスクがないところ、オリジナルグッズを1個から発注できてお客様のご自宅に直接お届けできるという手軽さがとても気に入っています。

これからはスマホケースのデザイン用の写真を撮影する!という名目で海外に行ったりもできそうなので、こちらもご期待ください!

海外でもWi-Fiさえあれば旅しながらお仕事をできるシステムなので、今後の可能性が広がり、とっても楽しみです!

海外にもグッズを持って行って現地で売ったり置いてもらうお店の交渉などもしていけたらいいなぁ、と思っています。

Q.Canvath(キャンバス)を使い始めてから変化したことがあれば教えてください。

A.普段は記念日の撮影などを行っているので、ご依頼をいただいて撮影に行くことが多いのですが、オリジナルグッズ用の写真は自分が好きで撮りためているものを使っています。

その二本の柱がお互いの製作活動に良い影響を与え合っているように感じます。

人気オリジナルスマホケースを生むためのCanvath活用術

Q.Canvathを使っている他のユーザーへ、Canvathの上手な使い方をアドバイスするとしたら、どんなことですか?

A.やはりオリジナルスマホケースはサイズが多種なため、在庫リスクを抱えずに販売が出来るCanvath(キャンバス)の利点を活かしていくのがいいと思います!

自身はすべてのサンプルを持って、そのうちの一部を持ち歩いて宣伝。

ネットショップを活用しつつ、身近なカフェなどにも営業をして、その場にあったオリジナルグッズを厳選してサンプルを置かせてもらい、そこからオーダーで注文をもらうのも良いと思います。

実物が見たい方は「ここにいけば見れるよー」と言えるので便利です!

また、世界や日本を旅したり仕事でまわっている友人もいるので、そのような方にオリジナルスマホケースのサンプルを渡して各地で宣伝してもらい、販売を委託、という積極的な活動もしております。

こういうことができるのも、一つからオーダーして直接ご自宅へ発送ができるCanvath(キャンバス)の利点があるからだと思っています!

Q.Canvathを利用している人同士で交流会を開くとしたら、どんな方と話したいですか?

A.現在日本のみでオリジナルスマホケースの販売を行っているので、海外で販売活動を行っている方のお話を聞かせていただきたいです!

また、独自の形で新たなビジネススタイルをつくっているような方のお話も聞きたいです。

Q.今後はどんなオリジナルグッズを作成したいと考えていますか?

A.パスケース・お財布・ポーチ・布・文房具・ちょっとした言葉を書くメッセージカードなどのご要望が多いので、そういったオリジナルグッズを作ってみたいです!

今後はコラボのオリジナルスマホケースを作成し、ブランド化を予定!

Q.今後の活動や、ご自身の経営されているショップについて、みなさんにアピールをお願い致します!
A.今後の活動としては、仲のよいアーティストのMAYUCHAPAWONICAさんとコラボで、絵×写真のオリジナルスマホケースを作っていきます!

のちにネットショップを開設し、『CHAPAWONICA』という名前でブランド化を行う予定です!

<CHAPAWONICAメンバー>

CHAPAWONICA

(※上記写真/左:ロンドンで活躍中のヘアメイクアッップアーティストAki Miyanishiさん、中央/MAYUCHAPAWONICAさん、右:Chiakiさん)

その他には、CHAPAWONICARというブルーの車で寝泊りをしつつ、全国を行脚して、Canvath(キャンバス)で作成したオリジナルグッズの販売・記念日の撮影・イラスト・コラボイベント・マタニティペイントフォトなど幅広く、面白い活動をしていくつもりです。

<マタニティペイントフォト>

CHAPAWONICA_02

Canvath(キャンバス)のグッズと自分の仕事を掛け合わせて生まれる相乗効果を楽しみながらやっていけたらと思っています!

ぜひチェックしていただけると嬉しいです(*^^*)

・minne(ミンネ):Chiaki Photo*
・Creema(クリーマ):Chiaki
・facebook:とよ ちー
・instagram:chiaki100410

———————————————————————-

大好きな写真を生かし、学生から70代まで男女問わず、幅広いターゲット層に素敵なオリジナルスマホケースを販売しているChiakiさん、インタビューにお答えいただきありがとうございました!

わたしたちCanvath(キャンバス)は、これからも時代に合わせ、ニーズのあるサービスをご提供できればと考えています。

今後も『Canvath(キャンバス)』を利用するネットショップオーナーの皆様にインタビューしてまいりますのでお楽しみに!

この記事を書いた人

Canvath(キャンバス)で一緒にメディアを作りませんか?

Canvath(キャンバス)を通して、オリジナルグッズの新たなメディア作りに興味のある方を探しています!
Canvathのミッションに共感してくれる方、メディア作りに興味のある方、絶賛募集中です!
一緒にCanvath(キャンバス)を盛り上げましょう!