【オリジナルスマホケース】掲載写真にアイデア有り!「みなみちゃん」氏に見るイメージUPの秘訣とは?

オリジナルグッズ販売イベント『コミティア』でオリジナルスマホケースを販売する『みなみちゃん』氏

2016年5月5日(木・祝)に、東京ビッグサイト東4・5・6ホールで、『COMITIA116(コミティア)』が開催されました。

【オリジナルスマホケース】コミティア出展絵師!Kölnz (けるんつ)氏」に引き続き、『COMITIA(コミティア)』に参加された「みなみちゃん(@hkrn1116)」さんをご紹介します。

みなみちゃんさんは、BASE(ベイス)ヴィレッジヴァンガード通販でオリジナルグッズを販売する、アクティブな現役美大生。

専攻学科は油絵科だそう。

みなみちゃんさんが描いたイラストは、どこかの星の物語のような、独特な世界観があります。

今回ご紹介するみなみちゃんさんの商品写真は、モデルをうまく活用してオリジナルスマホケースを撮影しています。

ネットショップオーナーの皆さんは、ぜひ参考にしてください。

オリジナルスマホケース「花摘み」背景と共に商品を撮影し透明感を表現

オリジナルスマホケース 花摘み

2160340_02テーマは「花を摘みにきた女の子」。

こちらは『COMITIA116(コミティア)でも販売されました。

透明感を伝えるために、あえて背景を画面の中に入れて撮影している点も、参考になります。

透明のスマホケースに印刷された鮮やかなイラストは、アニメーションのセル画のようにも見えますね。

オリジナルスマホケースのターゲットに合わせたモデルで購買意欲を高める!

オリジナルスマホケース 夜の植物

600260_02

こちらはBASE(ベイス)のネットショップgarden03で販売されているオリジナルスマホケースです。

手描きのイラストは、ペンや絵の具のタッチが、まじまじと感じられます。

ファンにはたまらない作品ですね。

600260_01

また、オリジナルスマホケースを撮影する際、ターゲットに合った雰囲気のモデルを起用している点は、非常に参考になります。

みなさんは、ネットで商品を購入する際、画像をみて、「自分に似合いそうだな」「こんな素敵なものを身につけられたらいいな」と思うことはありませんか?

この心理を活用すると、ターゲット(購入者)に合ったモデルを、商品写真に起用することができます。

購入者は、「自分と似た族性のモデル」を見れば、「わたしのファッションに合っている商品だな」と親近感を持ち、購買意欲や商品そのものに対しての興味が高まると言えるのではないでしょうか。

また、ターゲット(購入者)が憧れるモデルを起用すれば「こんな素敵なものを身につけられたらいいな」「欲しいな」と思うのではないでしょうか。

—–

今回のオリジナルスマホケースは、モデルを起用することで、使用イメージや商品のイメージをわかりやすく伝えていました。

みなみちゃんさんのオリジナルグッズは他にもたくさん!

ヴィレッジヴァンガード通販では、オリジナルスマホケースの他、オリジナルTシャツを販売しています。 2160340_03

こちらもモデルを起用し、着用イメージが湧きやすいよう工夫されているのはもちろん、ターゲット設定やブランディングにもつながっています。

こちらも「【オリジナルスマホケース】不思議な少女を描く美大生「幽ユウ」氏@コミティア」に続き、サブカルチャーな世界観が好きなターゲットには響きそうですね。

ネットショップオーナーのみなさんは、次回、商品写真を撮影する際、ぜひ参考にしてみてくださいね。

・Twitter:@hkrn1116
・ヴィレッジヴァンガード通販:みなみちゃん / あの子の秘密を、君は知ってる?
・BASE(ベイス):garden03
・公式サイト:KITABAYASHI MINAMI

COMITIA(コミティア)』をご存知でなかったネットショップオーナーのみなさんも、これを機に参加を検討してみてはいかがでしょうか。

 

Canvath(キャンバス)ではオリジナルスマホケースを1個900円〜発注可能!

Canvath(キャンバス)でオリジナルスマホケースを作成する方はコチラから /

この記事を書いた人

Canvath(キャンバス)で一緒にメディアを作りませんか?

Canvath(キャンバス)を通して、オリジナルグッズの新たなメディア作りに興味のある方を探しています!
Canvathのミッションに共感してくれる方、メディア作りに興味のある方、絶賛募集中です!
一緒にCanvath(キャンバス)を盛り上げましょう!