KDDIがオリジナルスマホケースが作成できる「3D PRINT LAB.」を提供開始。

KDDIがオリジナルスマホケース事業に参入

 

KDDI、沖縄セルラーが2015年1月27日より開始した「3D PRINT LAB.」は3Dプリンターを利用して、自分だけのオリジナルスマホケースが作れるサービスです。

3Dプリンターの特徴を活かして、立体的なフォルムにしたりすることが可能です。

また、デザインベース (5種)、ケースカラー (5色)、立体スタンプ (約80種) などから、自分好みのデザインを選んで配置するだけで、誰でも簡単に製作できるようになっています。

対応機種もiPhone(iPhone6Plus以外)だけでなく、いくつかのAndroidにも対応していますね。

決済もauかんたん決済 (「通信料金合算支払い」、「クレジット支払い」に対応)でできますが、料金は3,980円 (税抜・送料込、一律料金)とちょっとお高め。

生産は、DMM.comの「DMM.make 3Dプリントサービス連携・API」を活用し、ウェブ上で3Dデータのデザインができる機能はチームラボが開発したオリジナルの3Dモデリングエンジンを利用しているようですね。

Canvathとは違う方向性での取り組みですが、このようにオリジナルグッズを自分で作れるサービスが増えてくるのは大変うれしい傾向です!

Canvathも引き続き3Dプリンター業界をウォッチしながら、新しいグッズの追加を急ぎたいと思います!

この記事を書いた人

Canvath(キャンバス)で一緒にメディアを作りませんか?

Canvath(キャンバス)を通して、オリジナルグッズの新たなメディア作りに興味のある方を探しています!
Canvathのミッションに共感してくれる方、メディア作りに興味のある方、絶賛募集中です!
一緒にCanvath(キャンバス)を盛り上げましょう!