「SUZURI」ニコニコチャンネル会員限定オリジナルグッズを販売可能に

ニコニコチャンネルでオリジナルグッズを販売しよう!

GMOペパボ社の提供しているオリジナルグッズ作成サービス「SUZURI」を使ってオリジナルグッズを作成し、そのグッズをニコニコチャンネル会員限定で、販売する事ができるようになりました。

今まで「動画配信」「生放送配信」「ブロマガの配信」というデジタルコンテンツ、「チケットの販売」というリアル商品の販売をしてきたニコニコチャンネル。

今回SUZURIと連携する事により、オリジナルグッズ販売まで可能になり、デジタル/アナログ オンライン/オフラインのコンテンツが、トータルで配信・販売できるようになりました。

オリジナルグッズ販売の新しいフィールドが誕生ですね。

伸びる有料ニコニコチャンネル 登録者数は40万人を突破

ニコニコチャンネルは、企業・団体やユーザーが動画や生放送、記事コンテンツを配信できるプラットフォーム。

現在7384チャンネルを展開しており、その内、有料チャンネルは、全体の約1割の840チャンネルです。
その有料チャンネルの登録者数が、2015年4月の発表から8カ月で、登録者数が10万人増加し、ついに2015年末、合計40万人を突破しました。

また、有料チャンネル(840チャンネル)の上位5チャンネルの平均年間売上額は、1億円を超えたと発表しました。

ニコニコチャンネルは、各チャンネルにより料金が異なります。

意外と稼いでる!? ニコニコ動画のゲーム実況者の収入によると、大体のチャンネルは月額540円程度に設定されており、利益の約7割がチャンネル開設者に還元されているといいます。

リアルタムにユーザーボイスを活用して、こんなオリジナルグッズが作成、販売できる?!

ニコニコインフォによると、下記のような活用法が期待できるといいます。

「在庫リスクが無い為、ネタに走った商品を作成可能」
という特徴を持っておりますので

「ユーザーに生放送をキャプチャして貰って送ってもらい、それを番組内で講評。」
そのまま番組内で選択してSUZURIへアップロード、その場で販売開始

「生放送中にユーザーからお題を貰って、番組内でドローイング」
アンケート機能を使ってどのイラストをグッズ化して欲しいかを決めてSUZURIへアップロード、生放送中だけ購入できるレア会員アイテムとして販売

「年賀状の代わりに書き初めをスウェット化して”着れる年賀状”として販売」

といった様な、生放送やユーザーを絡めた企画と非常に相性が良い機能

みなさんなら、ニコニコチャンネルでどんな風にオリジナルグッズを販売しますか?

みなさんも是非、ニコニコチャンネルでオリジナルグッズを販売してみてはいかがでしょうか?

※出典:ニコニコチャンネルに会員限定グッズ作成・販売機能が追加‐ニコニコインフォ
ニコニコチャンネルの有料登録者数が40万人突破。グッズ販売にも対応

この記事を書いた人

Canvath(キャンバス)で一緒にメディアを作りませんか?

Canvath(キャンバス)を通して、オリジナルグッズの新たなメディア作りに興味のある方を探しています!
Canvathのミッションに共感してくれる方、メディア作りに興味のある方、絶賛募集中です!
一緒にCanvath(キャンバス)を盛り上げましょう!