pixivがオリジナルグッズを作成できる新しいサービス「pixivFACTORY」をリリース!

「pixivFACTORY(ピクシブファクトリー)」でオリジナルグッズを作り「BOOTH(ブース)」で販売

2015年2月4日、イラスト共有サービス「pixiv(ピクシブ)」を運営するピクシブ株式会社が、オリジナルグッズを作成できる「pixivFACTORY(ピクシブファクトリー)」の提供を開始しました。

「pixivFACTORY」は「Canvath」と同様、イラストや写真をアップロードするだけで下記のような様々なオリジナルグッズを作ることができます。

・ポストカード10枚 1,835円〜(+送料320円)/1日程度
・ポスター 1,120円〜(+送料320円)/3日程度
・iPhoneケース 1,800円〜(+送料320円)/7日程度
・メガネ拭き 800円〜(+送料320円)/5日程度
・トートバッグ 1,000円〜(+送料320円)/5日程度
・複製画(プリモアート) 8,500円〜(+送料1,000円〜2,000円)/10日程度
・屏風(プリモアート) 350,000円〜(+送料4,000円)/2カ月程度

「Canvath」と比べると1個あたりの価格(原価)はiPhoneケースが2倍ほど、トートバッグは少しお高いくらいで、1個あたりの価格(原価)は比較的安い価格設定ですが、ポスターやプリモアートといったオリジナルグッズが作れるのは、やはり「pixiv」がイラストレーターや絵師へ向けてのサービスなのだと感じさせてくれますね。

「Canvath」との大きな違いはピクシブ株式会社が運営する無料ネットショップ作成サービス「BOOTH(ブース)」にて、「pixivFACTORY」で作ったオリジナルグッズを簡単に販売できることができる点でしょうか?
また、「BOOTH」で売れた度にオンデマンドで製造・発送してもらえることにより、ユーザーにとって在庫リスクの心配がないというのも見逃せない点です。

「pixivFACTORY」がリリースされたことにより、

(1)「pixiv」にイラストを投稿して、自分のファン作りを行う。
(2)「pixivFACTORY」でオリジナルグッズを作る。
(3)「pixivFACTORY」で作ったオリジナルグッズを「BOOTH」でファンへ販売する。

という一連の流れが出来上がったように感じます。

「Canvath」も「BASE(ベイス)」だけでなく、他のネットショップ作成サービスとの連携を強化していくことで、発注先サービスとしての位置づけやブランディングを高めていきたいと思います。

この記事を書いた人

Canvath(キャンバス)で一緒にメディアを作りませんか?

Canvath(キャンバス)を通して、オリジナルグッズの新たなメディア作りに興味のある方を探しています!
Canvathのミッションに共感してくれる方、メディア作りに興味のある方、絶賛募集中です!
一緒にCanvath(キャンバス)を盛り上げましょう!