世界中のクリエイターのデザインをオリジナルグッズにして販売する「Society6(ソサイエティーシックス)」

アメリカ・ロサンゼルス発のオシャレなオリジナルグッズ販売サービス「Society6」

今回は、以前ご紹介した「豊富な種類のオリジナルグッズが作成できるサービス「Zazzle(ザズル)」に続き、
アメリカ・ロスアンゼルス発の類似サービス「Society6(ソサイエティーシックス)」をご紹介します。

「Society6」は世界中のクリエイターが投稿したイラストや写真などのデザインを、「Society6」のページへ掲載し、エンドユーザーが購入すると、そのデザインをTシャツや絵画やiPhoneケースに印刷してオリジナルグッズを制作し、エンドユーザーへ直接お届けするサービスです。

オリジナル・グッズの種類も「Zazzle」には劣りますが、ファブリックのようなアートグッズも数多くあります。

Wall Art(アートプリント、タペストリー(新作))
Womens(女性用のアパレルグッズ)
Mens(男性用のアパレルグッズ)
Babies & Kids(子供用のアパレルグッズ)
Device Cases & Skins(スマホケース、MacBookやiPadのカバースキン)
Living(クッション、マグカップ、シャワーカーテン)

ここまでは、以前ご紹介した「Zazzle」にとても似ているサービスですが、ここからは細かい違いについてご紹介したいと思います。

「Society6」と「Zazzle」との違い

購入する側の場合、様々なイラストや写真を利用したオリジナルグッズを購入できるサイトであることには間違いありません。

ただし「Zazzle」と「Society6」では、

(1)オリジナルグッズを販売する場合の手順
(2)自分のイラストを利用したオリジナルグッズが購入されたときに得られる報酬
(3)日本語への対応

この3点に(2015年3月の現時点では)違いがあります。

(1)オリジナルグッズを販売する場合の手順

「Zazzle」は会員登録後、自分のイラストや写真をアップすると24時間以内に審査されて手軽に販売できます。
一方、「Society6」には報酬を受け取るために、決済・送金サービスの「Paypal(ペイパル)」のアカウント確認のために$1.00の入金が必要だったり、審査もあるようでなかなか複雑そうです。

「Society6」で販売したい方はSelling On Society6(英文)をご覧ください。

(2)自分のイラストを利用したオリジナルグッズが購入されたときに得られる報酬

「Zazzle」はオリジナルグッズを販売する人が自由に報酬(ロイヤルティー)を設定できますが、「Society6」の場合はオリジナルグッズが売れた場合に得られる報酬がグッズの種類によって異なります。

例えば、スマホケースの場合は$3.50~$3.80、Tシャツやタンクトップの場合は$2.20、マグカップの場合は$1.50〜$1.80となっています。

こちらも、Selling On Society6(英文)をご覧ください。

(3)日本語への対応

「Zazzle」既には日本語の対応を完了していますが、「Society6」は日本語の対応がまだのようです。

ただ、オリジナルグッズを購入するだけであれば、「Society6」でも「Zazzle」でもシンプルなECサービスとなっていますので、迷わず好みのオリジナルグッズが購入ができると思われます。

「Society6」は日本でもデザインブランドとして認知されてきているので、いつ日本語対応するか?楽しみですね。

この記事を書いた人

Canvath(キャンバス)で一緒にメディアを作りませんか?

Canvath(キャンバス)を通して、オリジナルグッズの新たなメディア作りに興味のある方を探しています!
Canvathのミッションに共感してくれる方、メディア作りに興味のある方、絶賛募集中です!
一緒にCanvath(キャンバス)を盛り上げましょう!