【インタビュー】オリジナルスマホケース作成は自分の長所を生かせる仕事!taro3氏

オリジナルスマホケースに抽象画!アートなオリジナルグッズを販売しているtaro3氏

今回のユーザーインタビューは、ハンドメイドマーケットプレイスのminne(ミンネ)Creema(クリーマ)でオリジナルグッズを販売されている、taro3さんです。

Canvath(キャンバス)』を知ったきっかけや、オリジナルグッズを販売するポイントなど、ネットショップオーナーならではの話をたくさんお伺いしました!

———————————————————————-

Q.まずはじめに、自己紹介をお願い致します。ご経歴や、現在はどのようなご職業に関してお伺いできれば幸いです。

A.抽象画を描き、minne(ミンネ)Creema(クリーマ)でオリジナルグッズを販売しながら、作家活動をしているtaro3です。

taro3_13

「心の根っこと繋がって浮かんだ心象風景を描く」がテーマで、主にアクリル絵の具やパステルなどを使って、絵を描いています。

これらの原画の一部を利用してデザインしたオリジナルスマホケースをCanvath(キャンバス)で作り、minne(ミンネ)Creema(クリーマ)で販売しています。

オリジナルスマホケース作成は、自分の長所を生かせる仕事

taro3_10

Q.オリジナルグッズを作るようになった経緯や、きっかけがあれば教えてください。
A.以前、体調を崩し働くのが難しくなった時期がありまして、仕事に関して「まずは、今できることからやってみよう」と考えました。

「絵を描くこと」が好きだったこともあり、原画をうまく活用してオリジナルグッズを販売してはどうかと思い立ったんです。

考えた結果、「できない事は、無理して行わず、自分の長所を生かせる仕事をしよう」と決めました。

しかし、アート作品を売るのは簡単ではありませんでした。

Canvath(キャンバス)を知る前は、Creema(クリーマ)でアート作品を販売していたのですが、結果はイマイチで・・・。

オリジナルスマホケースなら、普段から使用でき、ひと目に触れる機会が多い。

アートをオリジナルスマホケースに出来たら、普段アートに触れる機会が少ない人達にも、「作品を知ってもらうきっかけ作り」になるだろうとも思いました。

その結果、作家活動の原画を生かし、Canvath(キャンバス)でオリジナルスマホケースを作成することに至ったわけですが、おかげさまで、今が一番自分らしく暮らすことができています!

オリジナルスマホケースをCanvathで作るのが、日々楽しすぎる!

taro3_02

Q.オリジナルグッズ作成をしながら、作家活動を行うことについて、詳しく教えて下さい。

A.正直言うと、最近では、オリジナルスマホケースを作ることが楽し過ぎます!

今では、「抽象画作品を知ってもらいたい」という気持ちよりも、オリジナルスマホケースとして「かわいい作品を作りたい」という気持ちの方が大きくなってきちゃってますね。

taro3_06

何か新しいこと始める際には、なるべくその意味や目的にこだわり過ぎず、「自分が楽しい」と思えることをしたいと心に思っています。

その方が良い流れに乗れる気がするので。

というわけで、ここ最近はスマホケースのデザインのことばかり考えています!(笑)

オリジナルスマホケースをCanvathで簡単に、迅速に発注!注文も右肩上がりに◎

taro3_07

Q.Canvath(キャンバス)で月にどれくらい発注されていますか?

A.まだ始めて3ヶ月も経っていないので、月あたりの販売個数は正確には把握しきれていませんが、平均すると、一日に5個前後のペースで注文を頂いている感じです。

Canvath(キャンバス)は、WEB上に画像をアップロードするだけで簡単に発注ができるので、注文を頂いたらすぐに発注が可能なところが気に入っています。

おかげさまで、今は注文が右肩上がりに増えています!

taro3_01

Q.自分のショップを開いたきっかけを教えてください。

A. 「手軽に自分のネットショップを持てる」ところに惹かれ、minne(ミンネ)Creema(クリーマ)を利用しています。

これらのネットショップは、私が苦手な事務処理などの分野を、ある程度任せることができるので助かっています。

minne(ミンネ)Creema(クリーマ)は、似たようなハンドメイドマーケットプレイスだと思いがちですが、似ているようで、客層や趣向などが微妙に違っているので、両方利用しています。

minne(ミンネ)は、絵本の挿絵のようなあたたかい手描きのデザインがよく売れ、Creema(クリーマ)は現代アートのような斬新なデザインが良く売れます。

オリジナルスマホケースに「一目惚れ」「見せびらかしたい」女性購入者急増中!

taro3_minne

Q.オリジナルグッズを購入されているのは、どんなお客様ですか?また、購入者からいただいた嬉しい感想、メッセージがあれば教えて下さい。

A.主には、女性が多いようです!

親子でご購入頂くことや、プレゼントとしてご購入頂くこともありますよ。

お客様から頂くメッセージで多いのは、「他にはないデザインが気に入りました」「一目惚れしました」というご感想。

こうしたメッセージを頂いたときは、すごく嬉しかったです。

出品している作品数が多い(minne(ミンネ)では約250作品)ので、「どれにするか迷いました」という意見もよく頂きます。

あと、一番、嬉しかったメッセージは、「電車の中で見せびらかすように持っています」というご感想!

私の作品を愛してくれていることが嬉しくて、こちらも思わず、ニンマリしてしまいました。

オリジナルグッズの新作は定期的に販売!minne(ミンネ)、Creema(クリーマ)の特集にも必ずエントリーし、積極的に露出

taro3_05

Q.購入者を増やすために、どんな工夫をしていますか?

A.新作のオリジナルグッズの情報を、Twitter(@art_taro3)や、Instagram(art_taro3)、ブログなどで宣伝しています。

ネットショップ販売は、画像からでしかお客様は購入のきっかけを持てないと思うので、オリジナルスマホケースの作品画像は、綺麗で魅力的に見せられるよう、撮影の仕方を明るくハッキリと写すようこだわっています。

これからバンバン、おしゃれな画像も載せていきたいと思っています!

・minne(ミンネ)、Creema(クリーマ)で購入者を増やす工夫

minne(ミンネ)Creema(クリーマ)には、新着作品のカテゴリーがあるので、これを活用し、定期的に新しい作品を発表するようにしています。

また、minne(ミンネ)Creema(クリーマ)内で各ネットショップの特集企画が組まれる際には、なるべくエントリーするようにしています。

1人でも多くの人に作品を見てもらえる機会を作るように心がけていますね。

ネットショップ運営の鍵は「仕事効率化の仕組み作り」「原価と利益の管理」

taro3_12

Q.ショップ運営で難しいことや、思っていることを教えてください。

A.個人的には、作品を作るときの創作モードと、ネットショップ運営の仕事モードの切り替えが難しいと感じています。

特に、ネットショップ運営を始めたばかりの頃は、事務的な作業やお客様の対応などに追われて、創作する余裕がなくなってしまった時期もありました。

今は、ミスを減らしたり、仕事を効率化させるための仕組み作りを、日々模索しています。

また、最初の頃、失敗してしまったのが、原価と利益の管理です。

あの頃は、今ほど売れるとは思っていなかったため、原価に、ある程度の利益を上乗せして販売する際、はじめの軍資金を十分に用意しておらず、苦労しましたね。

現在はオリジナルスマホケースが大好評につき購入いただく頻度が多いので、資金と原価の管理がきちんとできています。

オリジナルスマホケースの原価が安い!Canvath一番の魅力

taro3_08

Q.Canvathを使う前に他のサービスを使っていましたか?また、どのようなサービスだったか教えてください。

A.別の同じようなサービスも利用したことがありますが、Canvath(キャンバス)より原価が高かった点と、そのサービス内で制作から販売まで完結させるシステムだったので、利益率が低く、宣伝営業も難しくて断念しました。

taro3_04

Q.Canvath(キャンバス)の魅力や気に入っているところがあれば聞かせてください。

A.ネットで何かの記事を読んでいるときに、Canvath(キャンバス)の広告を見かけて知りました。

以前はアート作品のみを販売しておりましたので、オリジナルスマホケースなら様々な方の手に取りやすく、「売れるかも」と思い、Canvath(キャンバス)を知ったその日からさっそく作り始めました。

Canvath(キャンバス)の魅力は、やはり一番は安いということ!

次に、印刷の色味が綺麗なところが気に入っています。

また、お客様へ直接配送してくれるというところも助かっています。

事務作業が減る分、作品のデザイン作業に集中できますからね。

オリジナルスマホケースを1個から販売でき、利益も出せることが自信に

Q.Canvath(キャンバス)を使い始めてから変化したことがあれば教えてください。

A.原価が安くなった分、ちゃんと利益を出すことができるので、ネットショップ販売が楽しくなりましたね。

また、自分の作品が売れるという機会ができたことで、精神的な自信も持てるようになってきました。

Q.Canvathを利用している人同士で交流会を開くとしたら、どんな方と話したいですか?

A.現在は、身近にハンドメイド好きな知り合いがいないので、同じような趣味を持った方々と交流してみたいです。

Q.今後はどんなオリジナルグッズを作成したいと考えていますか?

A.パスケース・お財布・ポーチ・布・文房具・ちょっとした言葉を書くメッセージカードなどのご要望が多いので、そういったオリジナルグッズを作ってみたいです!

今後は抽象画以外にも新しいオリジナルスマホケースを作成予定!

Q.今後の活動や、ご自身の経営されているショップについて、みなさんにアピールをお願い致します!
A.元々、かわいいデザインの雑貨やインテリアが好きというのもあり、今後は抽象画作品でなくても、新しく一からデザインしたかわいいオリジナルスマホケースを作りたいとも考え始めています!

すでにいくつかサンプルを作っているので、下記のサイトをぜひチェックしてください。

・minne(ミンネ):TARO3’S GALLERY
・Creema(クリーマ): taro3
・Twitter:@art_taro3
・instagram:art_taro3

アート作品が中心ですが、公式サイトにも遊びに来ていただけると嬉しいです!

・taro3ポートフォリオサイト

———————————————————————-

taro3さん、インタビューにお答えいただきありがとうございました!

抽象画を用いたアートな雰囲気が全面に出ている個性的なオリジナルスマホケースばかりでした。

原画をオリジナルグッズに置き換え、販売することで、今後の作家活動資金にもなりそうですね。

わたしたちCanvath(キャンバス)は、これからも時代に合わせ、ニーズのあるサービスをご提供できればと考えています。

今後も『Canvath(キャンバス)』を利用するネットショップオーナーの皆様にインタビューしてまいりますのでお楽しみに!