オリジナル布の作成で綿素材が選択できるようになりました

綿100%の生地3種類を追加

綿はやっぱり肌触りが素晴らしいです。綿ならではの自然な風合いをいかしてポーチや巾着など、ハンドメイド小物の作成に利用していただければと思います。

今回追加した生地は以下の3種類です。

ウェザー

やや薄手の平織りで、シャツやエプロン、巾着などにおすすめです。

10/8オックス

厚手の平織でです。入園・入学グッズの定番である巾着などの小物入れや、バッグ、カバー類などの作成におすすめです。

コーマブロード

薄手の平織りで、柔らかくなめらかなのが特長です。ランチマットやエプロン、シャツなどにおすすめです。

綿へのオリジナルプリントでの注意事項

インクジェットで綿の生地に印刷する場合、ポリエステルに比べて発色が弱いという欠点があります。一方で肌触り、風合いは綿の方が圧倒的に優れています。

それぞれの特徴をご理解いただき、ハンドメイド作品作りにご活用いただければと思います。

この記事を書いた人

Canvath(キャンバス)で一緒にメディアを作りませんか?

Canvath(キャンバス)を通して、オリジナルグッズの新たなメディア作りに興味のある方を探しています!
Canvathのミッションに共感してくれる方、メディア作りに興味のある方、絶賛募集中です!
一緒にCanvath(キャンバス)を盛り上げましょう!