【インタビュー】スマホグッズだけでなく名刺のデザインも!オシャレな仕掛けが絶大な支持を集める「Yojibee Net Shop」のヒミツに迫ります

yojibee_1200_630px

ネットショップオーナーが取り扱う“オリジナルグッズ”の種類は多岐にわたります。

スマートフォンケースやパスケース、トートバッグといったメジャーな商品だけでなく、チラシや商品の梱包時に同封する台紙など、ビジネスサイドにも活用されている場合が多々あります。

しかし、実際にそうしたグッズを作っている方の“ノウハウ”や“運営方法”を直接聞ける機会は少ないのではないでしょうか?

今回は、そうしたさまざまなオリジナルグッズを幅広く提供している「Yojibee Net Shop」のショップオーナーさんにお話を伺いました。

 

「Yojibee Net Shop」にとってのCanvath

Q. Canvathを知ったきっかけ、使い続けていただいている理由は何でしょうか?

Canvathとの出会いは、友人から紹介されたことがキッカケでした。

いざサイトにアクセスしてみると、楽しく簡単に商品を注文することができ、非常に使いやすい印象を持ちました。

Canvath はスマホケースの種類が豊富(2018年3月現在で6種類)で、新しいiPhoneの機種が発売された際の対応も早く、その部分がとても良いと感じています。

今もCanvathを利用し続けています。手帳型ケースや(表面のみ印刷側表面印刷の)ハードケースを注文することが多いですね。

 

yojibee_3

 

「Yojibee Net Shop」を立ち上げた理由

Q. 「Yojibee Net Shop」を始めた経緯を教えてください

もともと私自身は広告周りのお仕事をしていて、通販関連や求人誌のデザインなどを業務として行っていました。

そのときに、「自分に表現できること」に限度があり、もっと自分らしい作品を世に届けたいと考えるように。

最初はミシンで縫った作品を知人にプレゼントするところから始まったのですが、そうしたことに喜んでくれる人がいて、自分も感動した気持ちを抱いたことから、グッズを作り始めるようになりました。

ネットショップを立ち上げたのは2015年の秋頃からで、今年で3年目となります。

yojibee.net_official

「Yojibee Net Shop」の公式Webサイト
(出典:https://www.creema.jp/creator/2069351/item/onsale

 

Q. 展開しているネットショップについて教えてください

「Yojibee Net Shop」のネットショップは、さまざまなECプラットフォームにて運営しております。

ハンドメイドショップのminneや、クリエイターズマーケットのCreema、誰でも簡単にネットショップを開設できるBASEなど、自前のサイト以外でも出店を行っています。

minneの特集などで自分のデザインしたオリジナルグッズがピックアップされると、人目に触れる機会が増え、お買い求めいただくお客様も必然的に増えていきました

実際にminne の特集で何度か取り上げていただく機会があり、そうした際には展開しているネットショップへのアクセス数も増えていました。

 

「Yojibee Net Shop」のコンセプトとデザイン

Q. ネットショップのコンセプト・展開している商品・購入いただく方の特徴は?

Yojibee Net Shop では、「お客様にとって毎日が元気で楽しく暮らせるお手伝いができるデザイン」というコンセプトを元に制作しております。

商品としては、スマホケースやマグカップ、トートバッグなどを取り扱っています。

また、ビジネスサイドの方々にもご利用いただく商品として、ダイレクトメールや名刺、アクセサリー台紙、ウェディング等の販売も行っています。

Yojibee Net Shop の特徴として、1からのデザイン作成も承っているのが特徴です。

ショップのポスターやチラシのデザインも合わせてご依頼いただくことが多く、デザイン案件であれば幅広くカバーして展開しながら展開を行っておりました。

現在ご購入いただくお客様の年齢層は、20代後半〜40代女性が中心となっています。

 

Q. 人気のあるお取り扱い商品についてお聞かせください。

手帳型のスマートフォンケースは、比較的人気の商品です。

一番人気の商品は「HAPPY LIFE Red」というオリジナルグッズで、濃い赤色が映えるデザインが特徴的ですね。

Yojibee Net Shop の場合、人気な商品に共通する要素として「カラフルなモノ」が人気を集めています。

HAPPY LIFE Red

一番人気の商品「HAPPY LIFE Red」
(出典:https://shop.yojibee.net/items/5213151

また、商品を魅力的に伝えるために、配色には細心の注意を払っています

キャラクターイメージを出すための配色は大事な要素となっており、デザインの際にはなるべく原色にせず、中間色を活用するといった工夫を凝らしてきました。

 

「Yojibee Net Shop」のショップ運営・SNSについて

Q. ネットショップ運営で意識していることがあればお聞かせください

ネットショップでのやりとりは「文字だけの無機質なモノ」になりがちなので、必ずこれ以上ないくらいの気持ちを込めてお返事をします

だからこそ、SNSでYojibee Net Shop の商品を紹介してくださったお客様には、メッセージにて感謝の気持ちをお伝えしています。

 

Q. 活用しているSNSアカウントについて教えてください

Instagram(インスタグラム)のアカウントを活用しています。

Yojibee Net Shop が女性に多くご利用いただいているネットショップということもあり、Instagramの「世界観」との相性が良いように思えます。

まだまだ活用する方法があると感じており、今後はハッシュタグなども活用しながら、よりお客様との接点を作っていければと考えています。

yojibee_instagram

出典:Instagram(@design.yojibee

 

リアルイベントに出展した際のエピソード

Q. これまでオフラインでのイベントに出店した際のことをお聞かせください

 

minne や Creema、クリエイターズマーケットなどのイベントにはこれまで出展したことがあります。

普段はネットショップでの販売が主なため、お客様の「生の声」を直接に聞けた機会は本当に貴重でした

イベントでは手に取りやすい小物グッズと相性が良いように感じます。1,000円を切るようなグッズは手軽にご購入いただける機会が多く、そうした商品のラインナップを揃えることを意識しています。

また、Instagramでイベント出展の告知をすることが多いのですが、実際にその投稿を見てイベントに足を運んでくださったお客様がいらっしゃったことは、今でも鮮明に覚えています。

そのお客様は、イベントでお会いしてからInstagramにてYojibee Net Shop の商品を頻繁に掲載してくださるようになり、こうした体験があったからこそ、ネットショップを続けてきて良かったという気持ちになれますね。

 

yojibee_4

 

今後の「Yojibee Net Shop」について

Q. 最後に今後の展望・お取り組みにつきましてお聞かせください

今まで取り組んだことのない、他のジャンルの商品も展開してみたいと思っています。

これまで女性向けのデザインが多かったため、男性向けのデザイン、ユニセックスのデザインを手がけてみたり、新しい商品ラインナップも加えていきたいと考えています。

また、2018年はYojibee Net Shop(http://www.yojibee.net/)のリニューアルも行います。さらにファンの方々に喜んでいただけるような準備を進めてまいりますので、各SNSからの情報をチェックしてもらえると嬉しいですね。

 

「Yojibee Net Shop」のアカウント情報

Official Website:http://www.yojibee.net/

Instagram:https://www.instagram.com/design.yojibee/

Facebook:https://www.facebook.com/YojibeeNetShop/